· 

どんどんチャレンジすることで潜在能力は引き出される!

 

私は、定期的にスポーツチームの指導もします。

 

ほとんどのチームは「ミスをすると、怒られます」

 

すると選手は

 

・緊張します!

 

・ミスをしないようにと考えます!

 

・積極的にチャレンジしなくなります!

 

・新しい発見がありません!

 

・面白くなくなります!

 

 

 

あなたはこれまでの人生で

 

「わざと、ミスをしようとした!」

 

ことはありますか?

 

基本的には、ないですよね。

 

誰もミスはしたくありません!

 

 

誰か選手がミスをしたら、

 

「ナイストラーーーイ!」

 

と他の選手が声をかける。

 

 

すると選手は

 

・ミスしてもOK文化ができる!

 

・笑顔で伸び伸び楽しめる!

 

・想定外の奇跡の結果が生まれる!

 

・益々、やる気がでる!

 

・また、やりたくなる!

 

・人生そのものが、楽しくなる!

 

 

これは企業様にも言えることです。

 

 

「ナイストライ」文化が根付くと

 

昔は社内の雰囲気が暗かった組織が

 

 

・社員が元気になる!

 

・組織=会社が元気になる!

 

・売り上げが上がる!

 

・益々、勝ちクセがつく!

 

・益々、社内の雰囲気が明るくなる!

 

 

ソフトバンクの孫社長の右腕だった方の著書を拝見すると

 

 

「失敗は、成功への当たり前のプロセスでしかない!」

 

こういう組織だと、社員は勇気を持ってチャレンジできますね。

 

 

 

 

「うまくいったら、成功!」

 

「うまくいかなかったら、成長!」

 

ミスして初めて、新しい対策やアイデアが生まれるから!

 

 

プロ野球のイチロー選手は、

 

「苦手な投手が出てきたらいつも感謝しています!

 

 なぜならば、

 

 彼が私の潜在能力を引き出してくれるからです!」

 

苦手だったり失敗することで

 

人は潜在能力を引き出すことができるのです。

 

     

【お勧め実践法】

 

1)今日から、何かうまくいかなかったら

 

 「自分自身へ、ナイストライ!」

 

 「周りの人へも、ナイストライ!」

 

  と声かけするようにしましょう。

 

2)そして、そのチャレンジ精神を褒める!

 

3)少し高めの目標へチャレンジして

 

 「うまくいったら、成功!」

 

 「うまくいかなかったら、成長!」

 

  を味わいましょう。

 

あなたには、まだまだ伸び代がありますよ!

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    福田 八重子 (水曜日, 29 1月 2020 18:14)

    コラムを息子と読みました。
    水泳でオリンピックを目指し、目標タイムにむけて練習しています。
    大会では、どんな結果でも泳ぎ終わった後はエールをおくります。
     息子はコラムを読んで、「前向きになる!」と言っていました。
    今日の練習から実践するとのこと!練習前の1時間前に食事を終わらすのですが、食事タイムにいい会話ができました。

  • #2

    森健次朗 (水曜日, 29 1月 2020 19:12)

    福田さん

    嬉しいメッセージありがとうございます。

    素敵な福田家の親子の会話がイメージできます。

    今日の内容が、子どもさんの成長のお役に立てましたら幸いです。

    私も福田さんのメッセージに、やる気スイッチを入れていただきました。

    感謝申し上げます!