よくある質問

目次

  • 集中力について
  • 集中力検定®について
  • 段位制について
  • 全集中(TM)クラブについて
  • 日本集中力育成協会について
  • 代表者について

集中力について

Q:集中力とはそもそも何ですか?

A:集中力とは、無我夢中になって没頭する力です。本来、集中力は誰もが持っている能力です。

 

Q:集中力が身につくとどんな良いことがありますか?

A:集中力があれば、いろんなことが叶います。たとえば

  • 自然と机にむかって勉強できるようになる
  • 落ちつき出て粘り強くなる
  • 仕事をすばやく片づけられるようになる
  • スポーツの練習にさっと取り組めるようになる
  • あがりグセがなくなる
  • ここぞという大事な場面で普段どおりの力が発揮できるようになる

などです。

 

Q:集中力を身につけるにはどうしたらよいですか?

A:集中するコツは、心の強さに頼るのではなく、「集中力を引き出すワザ」を知り、使いこなすことです。トレーニングをすることで集中力はぐんぐん高まります。

⇒(参考)集中力のトレーニング

 

Q:わたしも高い集中力を身につけることはできますか?

A:遺伝や体質などは、集中力とは関係ありません。集中する力は誰でも、トレーニングによって高めることができます。

⇒(参考)集中力のトレーニング

集中力検定®について

⇒集中力検定®のページを読む

 

Q:どんな方が受けていますか?

A:子どもの親、学生、教育者、アスリート、ビジネスパーソンなど、さまざまな人が受験しています。

 

Q:受験制限はありますか?

A:どなたでも受験できます。

 

Q:集中力の知識がなくても受講できますか?

A:この検定は集中力の知識のない人でもチャレンジできるように設計されています。

 

Q:合格率はどのくらいでしょうか?

A:集中力検定®は無料で繰り返し受験できるので、合格するまで楽しみながらチャレンジしてください。

 

検定試験を受けるのにメールアドレスの登録などは必要ありません。

合格者全員に特典進呈:

  • 特典①:読みもの「机に向かってすぐに集中する技術」巻頭~1章
  • 特典②:動画「あっという間に集中力を高めるボール積みの秘術!」

段位制について

⇒段位制のページを読む 

 

Q:どのような制度ですか?

A:日本集中力育成協会では、「集中するスピード」「集中の深さ」「集中の持続力」に応じ、段位認定をしています。

 

Q:最初はどこからスタートするのですか?

A:最初のスタートは「集中力検定®」です。この検定に合格し、正式合格者登録をすると、「集中力アドバイザー」になりますが、「集中力アドバイザー」は同時に「集中力1級」として認定されます。以後、昇段試験を受けることができ、合格すれば 初段→2段→…→7段→8段 と順に段位が上がっていきます。

 

Q:何段までありますか?

A:最高位は8段です。

 

Q:「飛び級」はできますか?

A:1級からいきなり3段になる、初段からいきなり5段になる、といった「飛び級」はできません。1級→初段→2段→…と、1段ずつ順に上がっていくことになります。

 

Q:有段者の集中力はどのくらいスゴイのですか?

A:「将棋の有段者はどのくらい強いのですか?」「書道の有段者はどのくらい上手なのですか?」といった質問と同様、明快に答えるのはなかなか難しいのですが、たとえば以下のようなイメージになると思われます。

  • 勉強において:机に向かえばすぐに勉強に没入できるため、「テストが近いのにゲームをしてしまった」と後悔することがない
  • 仕事において:雑念をすぐに振り払うことができるため、「〆切が近いのに仕事に集中できない」と焦ることがない

(参考)有段者の紹介ページ

 

Q:昇段は難しいですか?

A:決して簡単ではありませんが、乗り越えられないものではありません。昇段条件は明確に決められており、条件を満たすことで昇段できます。

 

Q:どうしたら昇段できますか?

A:昇段試験を適宜、実施しています。昇段試験に合格することで、段位が1つずつ上がっていきます。

 

Q:上りつめたら集中力の先生になるのですか?

A:日本集中力育成協会には、「先生を養成する制度(講師養成講座など)」はありません。ですが、

  • 集中力の有段者が、家族に教える
  • 学習塾の講師が集中力の有段者となり、塾生に教える
  • スポーツの監督やトレーナーが集中力の有段者となり、選手に教える
  • 企業研修の講師をしている人が集中力の有段者となり、研修のコンテンツに集中力トレーニングを取り入れる

といった、会員による思い思いの活動は、当協会にとっても喜ばしいものであり、できるかぎり応援したいと考えています。

全集中(TM)クラブについて

⇒全集中(TM)クラブのページを読む

 

Q:何をしているクラブですか?

A:定期的に集まり、みんなで集中力を上げる練習をするクラブです。

 

Q:どこでやっているのですか?

A:オンラインでやっています。

 

Q:いつやっているのですが?

A:週に2回、開かれています。

 

Q:どんな練習をするのですが?

A:ボール積み、ジャグリング、残像トレーニングの3つの練習を主にやっています。

 

Q:参加するのに準備は要りますか?
A:ボール積みやジャグリングをするためのテニスボールを用意してください。

 

Q:参加費用を教えてください。

A:集中力アドバイザー(集中力検定®の合格登録者)の方は無料、一般の方の参加費は1回あたり500円となっています。

日本集中力育成協会について

⇒協会概要のページを読む

 

Q:何をしている協会ですか?

A:「いつでもどこでもすぐ集中する力」を育て、認定する活動をしています。

 

Q:会員になるにはどうしたらよいですか?

A:集中力検定®に合格し、正式合格者登録を済ませることで、会員になります。

 

Q:会員の皆さんは集中力を学んでそれをどのように活かしていますか?

A:たとえば以下のような、思い思いの活動が会員の皆さんによって行われています。

  • 集中力の知識やスキルを自らのために活かす(受験勉強に活かす、スポーツに活かす、仕事の効率を上げるなど)
  • 集中力の知識やスキルを人に伝える(家族に伝える、友人に伝える、地域の人々に伝えるなど)
  • 集中力の知識やスキルをビジネスに使う(学習塾で教える、研修に導入するなど)

 

Q:年会費などはありますか?

A:集中力検定®の合格者登録、各段位の認定試験は有料になりますが、年会費や月会費はありません。

 

Q:講座やコンサルティング、研修などは、実施していますか?

A:要望があれば実施しています。ご相談は以下からお受けします。

⇒お問合せ

代表者について

⇒代表者プロフィールを読む

 

Q:代表者は誰ですか?

A:「モリケン」こと森健次朗が代表を務めています。

 

Q:代表者はどんな活動をしているのですか?

A:「集中力プロデューサー®」として、講演や研修を行っています。

 

Q:なぜ「日本集中力育成協会」を立ち上げたのですか?

A:集中力を高める方法を多くの人たちとシェアしたいという思いがあり、2012年に協会を設立しました。

 

Q:代表の方の話を聞くことはできますか?

A:「モリケン」の講演活動については、主にこちらのサイトで情報をお伝えしています。 また、講演依頼は以下からご相談ください。

⇒集中力研修・講演のページ

 

「モリケン」メールマガジン